電脳戦機バーチャロン シリーズ公式サイト / CYBER TROOPERS VIRTUAL-ON SERIES OFFICIAL SITE

What's New:最新情報

Outline:電脳戦機バーチャロンとは

1995年にアーケードゲームとして登場した「電脳戦機バーチャロン」シリーズは、巨大ロボット(バーチャロイド)による3次元仮想空間内での高密度かつ高機動な戦闘を実現したアクション・シューティングゲームです。
「ツインスティック」によるダイレクトな操作感とクオリティの高いゲーム性は、メカデザインを担当したカトキハジメ氏の手によるスタイリッシュなバーチャロイドの魅力と相まって大きな支持を獲得、続く3作の続編や多くの関連商品の発売など20年余りにわたりセガを代表する作品のひとつとして展開を続けてきました。

そして2018年。
前作『電脳戦機バーチャロン マーズ』より15年ぶりの完全新作タイトルとして、『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録インデックス とある魔術の電脳戦機バーチャロン』が起動します。

Lineup:シリーズタイトル

電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録インデックス
とある魔術の電脳戦機バーチャロン

AD2018:
『電脳戦機バーチャロン』と、電撃文庫『とある魔術の禁書目録』とのコラボレーションタイトル『電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機』が、2018年にPlayStation®4とPlayStation®Vitaで発売決定!
PS4 / PSV

電脳戦機バーチャロン マーズ

AD2003:
シリーズ初の家庭用ゲーム機専用タイトルとして登場。ストーリーを追って様々なミッションにチャレンジする「ドラマチック・モード」により、今まで断片的に語られてきた「バーチャロンワールド」がより深く、密に楽しめるようになった。
「サポート・コントロールAI」を搭載し、誰でも初めてのプレイから「高速機動戦闘」が満喫できる作品である。
PS2 / PS3

電脳戦機バーチャロン フォース

AD2001:
シリーズ初の「2on2バトル」に加え、「リーダー制」「レスキューダッシュ」「ミッション」などの新要素を搭載した「電脳戦機バーチャロン フォース」。
当時としては画期的な「磁気カード」の導入により、階級の昇降や、新機体支給など様々なイベントも発生、今までのアーケードゲームにはなかった「継続した遊び」を楽しむことができる作品となった。
AC / Xbox360

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム
M.S.B.S. Ver.5.66

AD2000:
『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム』の最終進化系バージョン『Ver.5.66』。
稼働当初より家庭用での発売を熱望され続けたが、2009年に9年の時を経てついにXbox 360へ初移植された。そのリリースに至る経緯は「奇跡」とまで呼ばれた。
・AC / Xbox360

電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム

AD1998:
OMGから3年、高速進化を経て登場した「電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム」。
よりスピーディーに、より奥深くと絶えず進化を続け、多くの熱狂的なバーチャロンファンを生み出し、今でも遊び継がれる完成度の高い逸品である。
・AC / DC

電脳戦機バーチャロン

AD1995:
3次元仮想空間内で巨大ロボットを自由自在に操る快感を教えてくれた、今日に続く長大なバーチャロンサーガの原点。
世界観、キャラクター、通信対戦、ツインスティックによる操作方法など、どれをとっても全てが新鮮でかつ魅力的な作品であった。僕らが本当に待ち望んでいたゲームがここにあった。通称OMG。
・AC / SS / Win / PS2 / PS3 / Xbox360

電脳戦機バーチャロン エピソード #2.42
ワンマン レスキュー

AD1999 / 2012:
電脳暦の地球圏を舞台に、初代バーチャロン(OMG)に登場するVR「HBV-05ライデン」に焦点をあて、搭乗するパイロット達の活躍を、Dr.ワタリこと亙 重郎が書き下ろした。
2012年に『Reboot!』を宣言し、公式同人誌的な展開で2017年現在Vol.4までを刊行。
オフィシャル ストーリーBook
鎌池和馬 OFFICIAL WEBSITE 電撃文庫公式サイト フロンティアワークス公式サイト ハセガワ OFFICIAL WEBSITE ガイアノーツ 電脳戦機バーチャロン カラーシリーズ ボークス×セガ『電脳戦機バーチャロン』プロジェクト セガストア:バーチャロン関連商品